火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 下関

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険の「明記物件」とはどういうものですか?

火災保険の新規加入

火災保険の「明記物件」とはどういうものですか?

2015年09月25日

【ご相談事例】

よく、火災保険の補償で「明記物件」という言葉を目にします。
これは一体、どういったものなのですか?

【ご回答】

家具や家電など、自宅にある身の回りの物を補償するのが家財保険です。
ただし、家財の中には申告していないと補償されない「明記物件」というものがあります。

以下のいずれかに該当する場合、申告が必要となります。

1.貴金属、宝石及び宝玉、ならびに書画、骨董、彫刻物等その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円超
2.稿本、設計書、図案、帳簿、証書、その他これに類する

なお、保険金額の設定ですが、貴金属などなら領収書、骨董品などなら鑑定書をもとにします。

もし、ご自宅に形見、譲渡されたもので保管している指輪や骨董品がありましたら一度ご相談ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

うらら日記
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 中尾 宏至

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 中尾保険サービス

営業時間/
月~金曜 8:30~17:30
(土曜日はご予約下さい)

〒752-0916
山口県下関市王司上町5丁目2-24

TEL/083-248-0305
FAX/083-248-1509

公共交通機関をご利用の場合

■下関駅よりバスで36分
  ⇒「高磯」停留所下車
■長府駅よりバスで7分
  ⇒「高磯」停留所下車
■小月駅よりバスで8分
⇒「高磯」停留所下車

高磯バス停前のローソン下関王司店すぐ横

お車をご利用の場合

<広島方面からお越しの方>
・中国自動車道小月I.Cより県道491号線にて九州方向に4.5km(約7分)

<九州方面からお越しの方>
・中国自動車道下関I.Cより広島方向に10.5km(約15分)

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク