火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 下関

HOME > 目的別保険相談 > 先日の大雨で雨漏りをしていたようで、壁に大きなシミが・・火災保険でどこまで補償してもらえる?

火災保険の保険金請求

先日の大雨で雨漏りをしていたようで、壁に大きなシミが・・火災保険でどこまで補償してもらえる?

2019年08月22日

【ご相談事例】

一戸建てに住んでいます。
先日夕立があり、強風とともに大雨が降りました。
先ほど気づいたのですが雨漏りをしていたようで、壁に大きなシミがありました。
火災保険に入っていますが、どこまで補償してもらえますか。

【ご回答】

台風や突風などにより、火災保険の対象になっている建物の屋根が飛ばされたり、窓ガラスが割れ、発生した雨漏りによる損害は火災保険の対象になります。

しかし、老朽化や建物の欠陥などによって発生した雨漏りについては、火災保険の補償対象になりません。

そこで今回ご質問いただいた件ですが、強風とともに大雨が降り、それが原因で建物に何らかの損害が生じた場合には、火災保険の補償対象になる可能性があります。

一方、大雨が原因で発生した雨漏りでも、雨漏りの原因が建物の老朽化によるものと判断されれば、火災保険の補償対象外になります。

火災保険の補償の対象になるかは保険会社の調査によって判断されます。

まずは保険会社に雨漏りの状況を説明して、保険の対象になるのか確認をしてみましょう。

なお、近年、雨漏りは火災保険の補償の対象になるといって、リフォームを勧める業者も見られるようですが、火災保険が適用されるのか判断するのは保険会社です。

リフォームの契約をする前に、保険会社に相談するようにしましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

うらら日記
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 中尾 宏至

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社 中尾保険サービス

営業時間/
月~金曜 8:30~17:30
(土曜日はご予約下さい)

〒752-0916
山口県下関市王司上町5丁目2-24

TEL/083-248-0305
FAX/083-248-1509

公共交通機関をご利用の場合

■下関駅よりバスで36分
  ⇒「高磯」停留所下車
■長府駅よりバスで7分
  ⇒「高磯」停留所下車
■小月駅よりバスで8分
⇒「高磯」停留所下車

高磯バス停前のローソン下関王司店すぐ横

お車をご利用の場合

<広島方面からお越しの方>
・中国自動車道小月I.Cより県道491号線にて九州方向に4.5km(約7分)

<九州方面からお越しの方>
・中国自動車道下関I.Cより広島方向に10.5km(約15分)

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。